< 戻る

大津の都と白鳳寺院

※画像をクリックするとすべてのチラシ画像が閲覧できます。

「大津の都と白鳳寺院」の概要

天智天皇6年(667)、大津に都が置かれました。本年は遷都1350年の節目の年になります。本展では、錦織遺跡(にしこおり)の発掘調査成果や、大津の古代寺院の出土資料などを多数展示し、遷都の背景を探ります。また、白鳳~奈良時代をはじめとして、中国や朝鮮半島の7世紀に作られた、金銅仏や塑像、せん仏、瓦などの様々な仏教に関わる文化財し、大津に都があった頃の、華やかだった仏教文化の香りを紹介します。

「大津の都と白鳳寺院」の基本情報

開催日2017年10月07日 ~ 11月19日
※イベントは終了しました。
開催日備考休館日:月曜日(10月9日を除く)、10月10日
会場滋賀県大津市御陵町2-2 大津市歴史博物館
料金有料
料金備考一般:1,000円(800円) 高校生・大学生600円(480円) 小学生・中学生200円(160円)
※( )内は、前売り、15名以上の団体割引、または大津市内在住の65歳以上の方、市内在住の障がい者の方、市内在住の介護保険の要介護者・要支援者の方の割引料金(証明するものをご提示ください)。
屋内・屋外屋内
開催時間09:00 ~ 17:00
アクセス(公共)京阪電鉄石山坂本線「別所」駅下車徒歩5分
JR湖西線「大津京」駅下車徒歩15分
駐車場有り 70台
バリアフリートイレ 多機能トイレ 車椅子貸出し 階段スロープ 案内スタッフ 盲導犬可 
喫煙所無し
主催者大津市歴史博物館
問い合わせ先TEL:077-521-2100
対応は開館日の9:00~17:00
ホームページhttp://www.rekihaku.otsu.shiga.jp/index.html
「アストモ」アプリ版をGET!
App Store Google play


「大津の都と白鳳寺院」おすすめ周辺イベント