< 戻る

特別展「明治天皇と氷川神社-行幸の軌跡-」

※画像をクリックするとすべてのチラシ画像が閲覧できます。

「特別展「明治天皇と氷川神社-行幸の軌跡-」」の概要

「武蔵の国大宮駅氷川神社をもって、当国の鎮守となす」

明治元年(1868)、京都を発し東京城(江戸城)に入城した
明治天皇は、大宮氷川神社を武蔵国の鎮守、勅祭の社と
定め行幸しました。
150年前に行われた明治天皇の氷川神社への行幸とは
どのようなものだったのでしょうか。

本展では、明治天皇の東幸や氷川神社行幸にかかわる
歴史資料・美術品から、氷川神社行幸を振り返ります。

「特別展「明治天皇と氷川神社-行幸の軌跡-」」の基本情報

開催日2018年01月02日 ~ 02月12日
開催日備考[開館時間]9:00~16:30/観覧受付は16:00まで
[休館日]月曜日(1/8、2/12を除く)
会場埼玉県さいたま市大宮区高鼻町4-219 埼玉県立歴史と民俗の博物館
料金有料
料金備考[観覧料]一般 600円/高校生・学生 300円
※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方(付添1人含む)は無料
屋内・屋外屋内
開催時間09:00 ~ 16:30
主催者埼玉県立歴史と民俗の博物館
問い合わせ先048-645-8171/埼玉県立歴史と民俗の博物館
ホームページhttp://www.saitama-rekimin.spec.ed.jp/?page_id=531
動画URLhttps://www.youtube.com/watch?v=WjjmMY6GOyM
SNShttps://www.facebook.com/saitama.rekimin/
「アストモ」アプリ版をGET!
App Store Google play


「特別展「明治天皇と氷川神社-行幸の軌跡-」」おすすめ周辺イベント