< 戻る

町田市立博物館所蔵 岩田色ガラスの世界展

※画像をクリックするとすべてのチラシ画像が閲覧できます。

「町田市立博物館所蔵 岩田色ガラスの世界展」の概要

近代日本ガラス工芸の革新者として数々の功績を残した岩田藤七(1893-1980)、息子の久利(1925-1994)、そしてその妻の糸子(1922-2008)。彼らは鮮やかな色のガラスを自在に操り、日本文化の美意識にもとづく色や形を活かした大胆な造形美を探求し、日用品であったガラスを芸術の域にまで高めました。本展では、町田市博物館のコレクションから岩田藤七・久利・糸子の作品を厳選して紹介します。

「町田市立博物館所蔵 岩田色ガラスの世界展」の基本情報

開催日2021年07月10日 ~ 08月29日
※イベントは終了しました。
開催日備考※入館は午後5時30分まで
◎休館日:月曜日(ただし、8月9日《月・振替》は開館)8月10日(火)
会場岐阜県多治見市東町4-2-5 岐阜県現代陶芸美術館
料金有料
料金備考一般:900円、大学生:700円、高校生以下無料
屋内・屋外屋内
開催時間10:00 ~ 18:00
駐車場有り
バリアフリートイレ 
主催者岐阜県現代陶芸美術館
問い合わせ先0572-28-3100
ホームページhttps://www.cpm-gifu.jp/museum/
SNShttps://www.facebook.com/cpm.gifu.museum/
「アストモ」アプリ版をGET!
App Store Google play


「町田市立博物館所蔵 岩田色ガラスの世界展」おすすめ周辺イベント